白鹿クラシックス

-レストラン電話ご予約- 0798-35-0001

  • Facebook
  • 白鹿記念酒造博物館
  • 白鹿オフィシャルサイト
  • おづkyoto - maison du sake -
  • おづオンラインショップ
  • NEO ネオキューブ

お知らせ

2017.11.08ショップ・レストラン

生酒のフレッシュな味わい、
優しくしっかりとした余韻の純米吟醸酒
一度も火入れをせず、旨みと甘みを最大限に引き出した
『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』限定発売

17junmaiginjonamanama1.8L

発酵と熟成時間のバランスで、旨みと甘みを最大限に引き出した『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』(内容量:1800ml/価格:2,700円<税別>)を、2017年11月22日(水)に限定発売いたします。
 
一般的な清酒は、貯蔵前に1回、瓶詰前に1回の火入れを行い、味を安定させすっきりと仕上げていきます。 『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』は、貯蔵前に火入れをしないことで、酵素が生きたまま5ヶ月貯蔵し、旨みや甘みを蓄え、更に瓶詰め時にも火入れしないことで、爽やかでフレッシュな味わいをそのまま封じ込めました。酒造りでは、2回とも火入れをしないことを表現するために、「生生」、「生々」、「本生」と呼ぶことから、 生酒の旨さをより身近にという願いを込め“生なま”とネーミングしました。
 
『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』は、発酵と熟成の時間のバランスをコントロールすることにより、旨みと甘みを最大限に引き出した「本生」の純米吟醸酒です。口に含むと、甘み、旨みが広がった後に、のどの奥で豊かに膨らむフルーティな芳香をご堪能いただけるのも『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』の大きな特徴のひとつです。
 
また、『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』は、“ぷりぷりの海老の天ぷら”によく合います。また、“スズキ、鯛などの白身魚の刺身や焼き魚”などのお料理も大変おいしくいただけます。魚介類の旨みを生かしたシンプルな味付けの料理を『黒松白鹿 純米吟醸 生なま』とともにお愉しみください。
 
お世話になった方へのプレゼントやこれからの時期のゲストをもてなす冬のプレミアム限定酒として、喜ばれることでしょう。

2017.11.08ショップ・レストラン

日本酒のあるクリスマス パーティシーンで楽しむSAKE『黒松白鹿 きらとろ 720ml』限定発売

_IJ_2701

日本酒のコト提案として今年の冬、クリスマスなどのパーティーシーンで楽しむ日本酒「黒松白鹿 きらとろ」(内容量:720ml/価格:1,200円<税別>)を、2017年11月22日(水)にで限定発売いたします。
 
『黒松白鹿 きらとろ』は、純米吟醸生酒で華やかな香りと生酒ならではのとろりとした口当たり、しぼりたてのフレッシュな味わいが楽しめます。しぼりたてのきらきらしたフレッシュさを表した『きら』、優しくキメ細やかな甘みを表現した『とろ』を合わせて『きらとろ』とネーミングしました。
 
クリスマスや、忘年会など年末年始に向けて増えるパーティーシーンで飲んでもらいたいお酒。パーティーシーンでシャンパンやワインなどと一緒にテーブルに並べてもSNS映えするよう冬の夜に、イルミネーションでキラキラと輝く雪が降ってるイメージを表現。ダマスク柄かと思いきや、日本の和柄を背景に使うことで日本酒のある“和”のクリスマスを表現するデザインとしました。

2017.10.20ショップ・レストラン

11月の定休日のお知らせ

11月の定休日は、下記の通りです。
  7日(火)
14日(火)
21日(火)
28日(火)
 
  
毎月“6”の付く日は「クラシックスの日」。
クラシックスの日限定でスタンプラリーを開催しています。
 
「クラシックスの日」にショップ・レストラン・白鹿記念酒造博物館のいずれかをご利用いただきますと、ご利用店舗のスタンプが押されたスタンプカード(有効期限は初回スタンプ押印日より1年間)をお渡しいたします。
 
「クラシックスの日」にショップで1点以上ご購入されたお客様、レストランでご飲食をされたお客様、白鹿記念酒造博物館に入館されたお客様にスタンプを押印いたします。
 
ショップ・レストラン・白鹿記念酒造博物館の3か所のスタンプが揃いましたら記念品と交換します。
 
11月のクラシックスの日は、下記の通りです。
  6日(月)
16日(木)
26日(日)

2017.09.25ショップ・レストラン

『黒松白鹿 灘の生一本 純米酒 720㎖瓶詰』限定発売

nada-thumb-220x440-1593

神戸から西宮にかけて酒蔵が建ち並ぶ「灘五郷」は、江戸時代から続く日本一の酒どころ。その灘で生まれた生粋の純米酒のことを「灘の生一本」といいます。
 
昨年に引き続き、「灘酒プロジェクト」として灘五郷9社(大関・菊正宗・剣菱・櫻正宗・沢の鶴・道灌・日本盛・白鹿・白鶴)から同時に「灘の生一本」を発売いたします。
 
どの銘柄の「灘の生一本」も、味や香りの表現について「灘酒研究会酒質審査委員会」がその酒質を審査、認定した個性豊かな純米酒です。
 
「黒松白鹿 灘の生一本 純米酒 720㎖瓶詰」は、兵庫県産米山田錦100%使用したなめらかで旨みある特別純米酒で、豊かな深い味わいと、ふくらみのある酒質であることが「灘酒研究会酒質審査委員会」で認定されました。
 
「灘の生一本」は、本日2017年9月25日(月)よりお買い求めいただけます。
 
白鹿クラシックスショップでは、9銘柄すべてをお取り扱いしております。
9銘柄それぞれに個性のある味わいの「灘の生一本」をぜひ飲み比べてみてください。
 
白鹿クラシックスレストランでは、期間限定9種飲み比べセット(価格:1,280円<税別>)も販売いたします。
ぜひ、お食事とともにお楽しみください。

2017.09.21ショップ・レストラン

10月の定休日とクラシックスの日のお知らせ

10月の定休日は、下記の通りです。

  3日(火)

10日(火)

17日(火)

24日(火)

31日(火)
 
  
毎月“6”の付く日は「クラシックスの日」。
クラシックスの日限定でスタンプラリーを開催しています。
 
「クラシックスの日」にショップ・レストラン・白鹿記念酒造博物館のいずれかをご利用いただきますと、ご利用店舗のスタンプが押されたスタンプカード(有効期限は初回スタンプ押印日より1年間)をお渡しいたします。
 
「クラシックスの日」にショップで1点以上ご購入されたお客様、レストランでご飲食をされたお客様、白鹿記念酒造博物館に入館されたお客様にスタンプを押印いたします。
 
ショップ・レストラン・白鹿記念酒造博物館の3か所のスタンプが揃いましたら記念品と交換します。
 
10月のクラシックスの日は、下記の通りです。
  6日(金)
16日(月)
26日(木)

2017.08.21ショップ・レストラン

9月の定休日のお知らせ

9月の定休日は、下記の通りです。

  5日(火)

12日(火)

19日(火)

26日(火)

2017.08.09ショップ・レストラン

8月の定休日のお知らせ

8月の定休日は、下記の通りです。

  1日(火)

  8日(火)

21日(月)

22日(火)

23日(水)

29日(火)
 
尚、15日(火)は通常営業いたします。
 
夏期休業のため、誠に勝手ながら8月21日(月)から23日(水)は休業とさせていただきます。

2017.08.09ショップ・レストラン

『黒松白鹿 薫 山田錦』新発売!

黒松白鹿 薫 山田錦

兵庫県産米山田錦で醸した特別本醸造酒に、大吟醸酒をブレンドした『黒松白鹿 薫 山田錦』(内容量:720ml/価格:1,000円<税別>)を2017年9月8日(金)に全国で新発売いたします。
 
発売から22年を迎え、多くの人に支持されてきた黒松白鹿の山田錦シリーズ。そのラインナップに新たに「大吟醸ブレンド」が登場します。兵庫県産米山田錦100%で醸した本醸造酒に、香り高い大吟醸酒をブレンドすることで、上品な旨みとほのかな酸味の中にフルーティーで華やかな香りが広がる仕上がりになりました。
 
更に米の旨みをたっぷり引き出した特別本醸造酒と、口の中に広がる爽やかでフルーティな大吟醸酒をブレンドすることで、互いの長所がバランス良くまとまり、様々な食事シーンで豊かな表情を見せてくれます。
 
白鹿は、1995年に兵庫県産米山田錦を100%使用したお酒に“山田錦”をネーミングした最初の酒蔵です。酒米の王者として君臨する兵庫県産米山田錦は新品種として告示されてから、昨年80周年を迎えました。その兵庫県産米山田錦を用いて醸し続け、酒の味わいにこだわり続けてきた白鹿だからこそ実現できた大吟醸のブレンド酒です。香り・口当たり・味わい・後味の全てが心地よく、どんなシーンにもマッチさせやすいお酒です。
 
爽やかな香りと旨みの『黒松白鹿 薫 山田錦』は、魚介の素材を活かしたお料理と相性抜群です。お刺身や焼き魚と合わせると、魚の旨みを引き立て、爽やかな香りがすっきりとした後味を愉しませてくれます。

2017.08.09ショップ・レストラン

『黒松白鹿 樽出し ひやおろし 純米』限定発売!

黒松白鹿 樽出し ひやおろし 純米
 

まろやかで旨みが増した日本酒の秋の風物詩である『黒松白鹿 樽出し ひやおろし 純米』(内容量:720ml/価格:1,200円<税別>)を2017年8月24日(木)より、限定で発売いたします。
 
その昔、冬から春にしぼられ火入れして大桶に貯蔵されたお酒は、秋になり外気温と同じくらいになる頃、2度目の火入れをせず大桶から樽に詰めて出荷したことから、「生」=「冷や」で「卸す(おろす)」にちなんで「ひやおろし」と呼ばれるようになりました。また、灘の酒は夏を越す間に熟成し、秋には香味が整い、酒質が向上することから「秋晴れの酒」ともいわれています。
 
樽で海を渡り、秋を知らせた「ひやおろし」。この季節感を現代でも味わって頂きたいとの思いから、ゆっくりと寝かせてまろやかに整った純米酒を今年は、吉野杉の樽に詰めて爽やかな木香とともに仕上げました。『黒松白鹿 樽出し ひやおろし 純米』は、秋の情緒を味わうことのできる、この時期ならではのお酒です。
 
まろやかな旨みを含んだ『黒松白鹿 樽出し ひやおろし 純米』は、すき焼きや味噌煮、甘辛煮などの、旨味の強い食材をしっかり味付けしたものと相性抜群です。爽やかな吉野杉の香りが、料理の風味をすっきりとまとめ、上品な味わいを仕上げます。

2017.08.07ショップ・レストラン

8月7日(月)は台風接近に伴い、営業時間を短縮いたします

本日8月7日(月)は台風接近に伴い、下記の通り営業時間を短縮いたします。
 
8日(火)は定休日のため、9日(水)から通常通り営業いたします。
 
【ショップ】
午後2時30分まで
 
【レストラン】
午後3時00分まで